4年制大学編入

【保存版】UCLAやUCバークレー編入に必須のUCアプリケーションの申請方法まとめ

こんにちは、Hazuki(@August742Leaf)です。

今回は、アメリカのコミュニティカレッジからカリフォルニア州の4年制大学に編入する段階で必要なUCアプリケーションの申請方法について解説していきます。

  • これからカリフォルニア大学(UC)に編入したいがどうすればいいの?
  • 編入って実際何から初めたらいいかよくわからない
  • どうやって4年生大学に編入するのか知りたい
  • UCアプリケーションを申請したいがどうやって情報入力すればいいかわからない

思えば私も2016年の夏の終わり頃、同じような悩みを抱えていた1人です。

日本語での情報も少なく、どうしたらいいかわからず初動もかなり遅れてしまいました。

Hazukiさん
Hazukiさん
その反省から、これから編入を考えている皆さんには同じ苦労を味わわせたくない。

そんな思いからこの記事を書かせていただきました。

この記事ではUCアプリケーションの申請方法を実際にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に編入、卒業を経験した私が詳しく解説していきます!

こちらの記事を最後まで読めば、UCアプリケーションに必要な情報入力や、細かいテクニックなどを一網でき、UCLAやUCバークレーに編入したいという野望を持ったあなたでも自信を持って提出できるようになります!

あなたのアメリカ4年制大学への編入成功を心より願っています!

スポンサーリンク

すでにUCアプリケーション申請の準備は始められる!

私は先日こんなツイートをしました。

例年8月1日より、アカウント作成及び情報入力が可能になります。

カリフォルニア大学編入までの時間は勉強に支障がでないように時間に余裕がありますが、今からでも準備を初めておくと、他の学生より優位に立つことができます。

大まかな編入までのスケジュールは以下のようになっています。

 

8月1日 UCアプリケーション情報入力開始
9月30日編入保証プログラム(TAG)期限
10月1日FAFSA(米国の学生の財政援助)申請期限
11月1日〜30日UCアプリケーション提出
1月中旬ごろ秋学期の成績を追加
4月初旬ランキング下位のカリフォルニア大学から合格発表
4月第3週UCLA合格発表
4月第4週UCバークレー合格発表

 

留学生も対象の編入保証プログラム、TAGについての解説はこちらを参考にしてください。

【アメリカ大学編入】やらないと損!カリフォルニア大学編入保証プログラム【TAG】を申請こんにちは、はじめましての方ははじめまして。このブログの管理人のHazukiです。 9月といえば、アメリカでは日本の4月のような学...

上記の期間に必要な情報を入力して提出し、4月頃に下される結果を待てばいいのです。

かくいう私も10月中旬になってから準備を開始したのでそこまで身構えなくても大丈夫です。

Twitterでも言った通り、もし何かアプリケーションで困ったことがございましたら、私のTwitterまでご相談ください。

その際にはフォローもいただけると幸いです。

HazukiをTwitterでフォローする

UCアプリケーションのアカウント作成方法は?

ここではUCアプリケーションへの申請をするためのアカウント作成方法を紹介します。

もうすでにアカウントを持っているという方は次の見出しまで飛ばしちゃって結構です。

こちらでは初めて申請をする方、まだアカウントを作成していない方のためにUCアプリケーションのアカウント作成方法を紹介します。

UCアプリケーションは UC Admission というページでアカウントを作成できます。

上記のリンクを開いて頂けますと、こちらの画像のような画面が出てきます。

このページが出てきたら以下のように進めていただければ完了です。

  1. ページの左側”Start your application (申請開始)”をクリック
  2. 次のページ真ん中下”Create an account (アカウント作成)”をクリック
  3. Eメールアドレス、パスワードを設定しアカウントを作成

以上がアカウント作成になります。

上のポイントをすべて抑えると以下のような画面が出てくると思います。

ここまでくればもう少しです。

下にスクロールしてきますと、2つほど質問がありますので答えていきましょう。

まずは1つ目の”When do you hope to start at the University of California?” (いつからカリフォルニア大学への進学を希望ですか?)という質問についてですが、

留学生及び編入生は自動的に”Fall Quarter/Semester“を選択することになります。

2つ目の”Your application level”について、この質問ではあなたがUCに入る際にどの学年からスタートするかを尋ねています。すなわち

  • Freshman(現在高校生でこれから大学1年生になる)
  • Transfer(高校を卒業していて大学で単位を取っている状態)
  • Other(既に大学の学位を持っているか, 学位習得は目指していない状態)

ですので、基本的に”Transfer”を選択すれば大丈夫です。

“Transfer”を選択するとさらに3つ選択肢が出てきます。

  • Junior-level Transfer (3年生で編入)
  • Sophomore-level Transfer (2年生で編入)
  • Senior-level Transfer (4年生で編入)

コミュニティカレッジで取得した単位は原則2年分までしかUCに移行できないので”Junior-level Transfer”を選びましょう。

実際に4年生大学への編入を考えている方なら全く問題ないレベルの英語(と思いたい)ですが、選択肢を埋めて下の”Save&Continue”をクリックしましょう。

するとこのようなページが出てきて、アカウント作成が完了します。

このまま続けたい人は”Start application”をクリックして情報入力をします。

UCアプリケーションの情報入力してみよう

さて、アカウントを作り終えると今度は膨大な量の個人情報を入力します。

7つの大きなカテゴリーに、20個以上のカテゴリーが含まれていて、中には記述を要するものあります。

Hazukiさん
Hazukiさん
量が膨大なので提出期限ギリギリでまとめてやるのは本気でオススメしません。

中にはどのように書いていいか、意味が理解できてもわからないものもあると思います。

そんなあなたのために2016年に実際に提出した私が、これから編入を考えているあなたと同じゼロの状態に立ち返り、アカウントを再作成してUCアプリケーションを埋めてみました!

Hazukiさん
Hazukiさん
この記事書くためだけにアカウント作ったよー…。

実際に質問を一つ一つ解説していくと何万字にもなってしまうことが発覚してしまったので今回は断念しました…。

そこで私が全ての情報を入力して、提出一歩手前の状態にしてみましたので、よろしければ下記のPDFを見て参考にしてください。

その際にはいくつかの注意がありますので、絶対に下記の注意書きを読んでからダウンロードしてください。

  1. ここで記入した人物、団体、連絡先、住所などはすべて架空のもので、ビジネスや経済学を勉強したい日本人留学生を想定して私が適当に考えたものです。
  2. こちらで入力した情報は日本の高校を出て、カリフォルニア州のコミュニティカレッジからの編入をしているF-1ビザの学生を想定しています。状況は個人次第で異なる場合があるので、その点についてはご注意ください。
  3. 今回入力した情報は参考にしていただいて構いませんが、絶対に丸パクリはしないでください。したとしても、私が編入申請した時に入力したものをベースにしているため、コピーしてもあなたが疑われるだけなので何もいいことがありません。ですので、必ず自分の言葉で入力してください。

下記リンクが全ての情報を入力した提出一歩手前のUCアプリケーションです。参考にしてください。

ちなみに最後に申請する際には留学生には1校あたり80ドルの申請費用がかかります。

Hazukiさん
Hazukiさん
どうやらアメリカ人には必要ない費用みたいなのですが…。留学生はお金がかかるものですね。

UCアプリケーション提出例(無料):Review & Submit – UC application

また今回のアプリケーション作成では情報入力をしてはいませんが、TAG(編入合格保証プログラム)を受けた人はその情報を直接添付することで時間を短縮することができます。

カリフォルニア大学編入を考えているなら絶対に検討すべきプログラムです。

成績の維持以外には特別難しい要求はありませんのでカリフォルニア州のコミュニティカレッジに通っている方は一度確認してみてください。

お役に立つことができれば幸いです。

UCアプリケーションでチェックすべきアカウントは?

編入に関しては常に最新の情報を入手することも重要です。

例えばPersonal Insightの部分は私が編入する前年までは1つの質問でしたが、私が受験した2016年から現行の”7つの問題のうち4つを選択して回答するスタイル”に変わりました。

これは私が実際にアプリケーションを埋めたからこそ知り得た情報です。

そのため”UCadmission”や”UC○○(行きたい大学)admission”などとTwitterやInstagramでフォローしておくと情報をつかみやすいです。

特に私のおすすめはInstagramです。

編入情報に関するInstagramをフォローしておくと現在は機能の拡張によってストーリーもチェックすることができますし、中には役に立ったり、重要な情報が流れてくることもありますのでオススメです。

私の母校、UCLAの入学を扱っているアカウント@uclaadmissionで #8CLAP というハッシュタグで8つのお役立ち情報を紹介していましたので紹介します。

  1. UCアプリケーションは”あなたは誰か”が深く問われるので時間をかけて考えて取り組むべし。すでにアプリケーションの作成は始まっているのだ!
  2. 曖昧な記憶で自分の成績を入力しないこと。あとで虚偽がバレると合格が取り消されることもあるので、学校に成績表を問い合わせてでも確認すること。
  3. 特殊な技能が要求される専攻(エンジニア、看護、映画、音楽、芸術、建築など)では別途ポートフォリオの提出が求められることがあるので準備しておくこと。
  4. 課外活動を記入する欄ではあなたの学校やコミュニティ、家庭で果たしてきた責任やリーダーシップ、貢献をしっかり考えること。
  5. 1年生と留学生はSATや記述有りのACTのスコアを4年生の冬までに提出しなければならない(ここは不明。ちなみに私は一回も受けることなく卒業できました。)
  6. UCアプリケーションは2種類の専攻を選ぶことができるが、UCLAは1年生に関しては1つ目に記入した専攻の基準しか考慮しない。(つまり私のように3年から編入の方は無視してOK)
  7. Personal Insightはこのアプリケーションの重要な部分の一つだ。これはあなたの書く能力を測るためのものではなくて、あなたについてより深く理解するためのものだ。だから時間を割いて考え、書き、何度も推敲すること。
  8. UCLAは推薦状などは受け付けていない。UCアプリケーションで全てを判断する。だから悔いのないようにね。

あなたの編入がすべてうまくいきますように。

その他UCLA編入に関するノウハウ記事はこちら!

最後にこちらに私が書いていきましたUCLA、UCバークレーなどの編入に関する全ての情報をこちらに残しておきます。

皆様のお役に立てれば何よりです。

【保存版】コミカレからUCLAやUCバークレーへ編入するためのロードマップ【アメリカ留学】こんにちは、Hazuki(@August742Leaf)です。 このページではアメリカ留学において2年生大学(コミュニティカレッジ...
【実例有り】アメリカの大学で良いクラスやオススメの教授の探し方を徹底解説!こんにちは、Hazuki(@August742Leaf)です。 今回はアメリカの大学で良い授業を取りたい人むけにオススメの教授の探...
【UCLA卒業生の私が語る】留学したい高校生におすすめの英語の勉強法こんにちは、Hazuki(@August742Leaf)です。 今回はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)を卒業した私が実...
アメリカでコミカレから4年生大学に編入する際に必須なクラスの選び方を解説します。この記事ではアメリカの2年生大学、コミュニティカレッジから4年制大学に編入している方向けのクラスや専攻の決め方について紹介します。 ...