アメリカ留学

ロサンゼルスの治安は良い?悪い?現地在住歴5年の私が詳しく解説します。

ロサンゼルスといえば豪華なエンターテインメントやセレブが多く住む華やかなエリアとしてのイメージがある一方で、治安が悪いイメージが湧く人も少なくないと思います。

実際のところロサンゼルスの治安はどうなのでしょうか?

  • ロサンゼルス在住歴5年
  • 現地で3つの異なる学校に通い、ロサンゼルス内で6回の引越し経験あり
  • ロサンゼルスの治安の良いエリア、悪いエリアを肌身で実感済み
  • なんだったらロサンゼルスで野宿経験もあり
Hazukiさん
Hazukiさん
こんな私がロサンゼルスの実際の治安について詳しく解説します。

スポンサーリンク

結論:ロサンゼルスは想像よりも全然平和です。

ロサンゼルスの安全で快適な家

まず、結論から言いますと、ロサンゼルスは皆さまが想像しているよりもはるかに安全です。

ロサンゼルスは様々な国から来た人や経済レベルの人が比較的わかりやすいように分かれて住む傾向にあります。

  • 〇〇人が多いエリア
  • ホームレスが多いエリア
  • 治安の良い・悪いエリア

などなど判別がしやすいです。

ですので、治安の良いエリアに拠点を置く事ができれば結構安全に過ごすことができます

幸運にも私はアメリカ社会で想像するような拳銃を持った凶悪犯に遭遇したりすることもありませんでしたし、薬物で道を外れることもありませんでした。

住む場所として治安の良いエリアを選んでいたのもありますが、夜道でもあまり怖さを感じる事はありませんでした。

ロサンゼルスの治安で注意すべき点について

ただ、それでも日本とは勝手が違うのは間違いありませんし、安全とされるエリアでも油断は禁物です。

私もコミカレ時代時代、クラスメートが学校近くのエリアのガソリンスタンドで拳銃を突きつけられたことがあります。

Hazukiさん
Hazukiさん
私の通っていたサンタモニカカレッジやUCLAは治安の良いエリアですが、ここ数年でどちらでも銃乱射事件が起こっています。

ですので、どのエリアにいても絶対安全!という事はあり得ませんので自分の身は自分で守るんだということを自覚しましょう。

例えばリスクヘッジとして、以下のことには気をつけておくことをお勧めします。

  1. 夜遅くの電車やバスにはなるべく乗らない
    →UberやLyftなどのライドシェアサービスを使うこと
  2. 治安が悪いとされているエリアでは一人で出歩かない
    →どうしても行かなければならない場合は複数人で行くこと
  3. レストランやカフェで席確保のためにモノを置かない
    →治安の悪いエリアでは余裕で盗まれます
  4. 基本的にお店が汚かったり、道が汚い場合は治安が悪いケースが多い
    →特に歩道にテントがあったら近寄らないこと

ロサンゼルスで治安が良いエリア

ロサンゼルスの高級住宅街ビバリーヒルズ。治安は良い。

続いてロサンゼルスで治安の良いエリアや悪いエリアを紹介していきます。

ロサンゼルスで有名なスポットで治安の良いエリアは

  • サンタモニカ
  • ビバリーヒルズ
  • パサデナ
  • グレンデール
  • アナハイム
  • ニューポートビレッジ

などが該当します。

私はサンタモニカには3年ほど住んでいましたが、I-10の高速道路入り口周辺などごく一部の場所を除けば非常に清潔で、夜一人で歩いていてもさほど恐怖を感じる事はありませんでした。

Hazukiさん
Hazukiさん
学校の授業で夜が遅くなってしまう事もありましたが、比較的安心して家に帰る事ができました。

ロサンゼルスの治安の良いエリアの特徴

ロサンゼルスは土地を多く確保したり、公共交通機関が少なく車での移動が不可欠である程度の経済レベルが必要という理由で都心よりも郊外の方が安全な傾向にあります。

治安の良いエリアは

  • 街や建物が綺麗
    →掃除が行き届いており、人の目がある
  • 観光客が多い
    →外から来た人でも安心して来れる
  • 公共交通機関が少ない
    →バスや電車は経済的に余裕がない人でも使えるからと導入を敬遠している自治体すらあります

などの特徴があります。

できる事ならこれらのような治安の良いエリアを拠点に生活や観光を楽しみたいですね。

ロサンゼルスで治安が悪いエリア

続いてロサンゼルスで治安の悪い地域を紹介します。

  • コンプトン
  • イングルウッド
  • サウスロサンゼルスエリア
  • スキッドロウ

いずれもダウンタウンの南側にありますね。

Hazukiさん
Hazukiさん
個人的にはロサンゼルスのダウンタウンもあまり安全感はありませんが…。

コンプトンは全米でもトップクラスに治安の悪いエリアで、ラップミュージック文化などが盛んな一方でギャングが多く、「赤信号でも危険だから止まっちゃダメ!」と言われるレベルで治安が悪いです。

イングルウッドでは2014年に日本人が銃殺された事件が有名です。

サウスロサンゼルスエリアには名門南カリフォルニア大学(USC)周辺も含まれています。

USC自体は学費だけで600万もする私立大学でOBにもジョージ・ルーカス(スターウォーズ製作者)やニール・アームストロング(アポロ11号の宇宙飛行士)などがいる由緒ある大学で非常に経済レベルの高い家庭もいますが、学校周辺のコンビニには鉄格子が付けられているなど

スキッドロウのすぐ隣にはリトルトーキョーという日系コミュニティ、観光地があるので、迷い込んでしまった観光客が間違って入ってしまうというケースが後を断ちません。

観光で行く方は十二分に注意しましょう。

ロサンゼルスの治安の悪いエリアの特徴

治安の悪いエリアの特徴としては良いエリアの正反対で具体的には

  • ゴミが散らかっていて掃除が行き届いていない
    →注射器などが落ちていたらほぼ100%危険
  • 歩道や高架下にテントやキャンピングカーが並んでいる
    →ホームレスの方が雨風を凌ぐ為に集まっている
  • 壁に落書きがたくさん描かれている
    →芸術と落書きは紙一重です
  • 汗臭い酸っぱい匂いが強い
    →何日も体を洗わなかったり生ゴミを放置している場合がある為、異臭のある地域は注意

以上のような特徴があります。

ホームレスについて

治安の悪いエリアにはホームレスの方が多く住んでいる傾向があります。

理由は生活費が安かったり、同じような人達がいるコミュニティが作りやすかったりするからです。

意外に思うかもしれませんが、実はほとんどの場合ホームレスの方は悪い人ではなく、なんらかの原因で通常の生活が出来なくなったり、貧困に陥っている可能性があります。

例えばアメリカのホームレスの中には元軍人だった人が多いです。

アメリカではVeterans Dayという祝日が設けられたり、大学には学費の支援や優先的に授業が取りやすいシステムがあり、軍人専用の免税店があるなど軍人は非常に尊敬されています。

それにも関わらず実際に戦争を経験し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)にかかってしまって普通の暮らしができなくなってしまった人などが少なくありません。

中には薬物依存の禁断症状で大声で叫んだり、暴れたりする方もいますので身の安全には気をつけた方がいい場合もあります。

ですが、ほとんどの人がなりたくてホームレスになったわけではないのです。

安全には気をつけて 素敵なLAライフを

以上、ロサンゼルスの治安について解説させていただきました。

ロサンゼルスは基本的には治安のいい所ですし、とても過ごしやすいです。

Hazukiさん
Hazukiさん
でなければ私も5年もいなかったと思いますしね。

とはいえ、無防備に歩いていても常に安全というわけではありませんのでその点だけは注意してください。

皆様がロサンゼルスで素敵な時間を過ごせることを願っています。

ロサンゼルスのホテル予約はBookig.comがオススメ!



ロサンゼルスは記事でも紹介した通り、安全な地域と危険な地域の区別がはっきりしていますが、初めて行く方は不安ですよね。

そんな時は前もってホテルを予約しておくと安心です。

オススメのホテル予約方法は Booking.com です!

こちらの予約はPC・スマホで操作が楽々で、英語が話せない場合でも予約画面を見せれれば問題なく予約が可能でとっても便利です。

Booking.com公式サイトはこちらから